土地探し

土地探し③ 細長い家

細長い土地で注文住宅



我が家が購入した土地は細長いです。

現地で実際に分割後の土地を計り、歩いてみたり、部屋の配置を想像してみたりしました。
紙で見ると物凄く細くて狭く見えるのに、現地では丁度良くさえ見えます(ちなみに決済前なので、そこまでバイアスはかかっていないはずです)。

皆様が細長い土地、家を購入された理由はまちまちだと思います。
我が家では、住みたいエリアを最優先にし、次に価格を考えた結果、たまたま細長い形状になりました。
もう一つの分割案を採用すれば、より正方形に近く、南側を確保出来るので、非常に魅力的でしたが、その差は2,760千円です。
今、内装設備の打ち合わせを業者とおこなっておりますが、既に2,000千円近く予算(住宅ローン決裁額)オーバー中です。
現時点で隣地の購入者は決まっていません。
この結論がどうだったのか分かりませんが、隣地を気にしなくても良い間取りをご提案頂いたと思います。

ちなみに、私は都内の戸建てで育ちましたが、今にして思えば家について何にも考えていませんでした。
小学校6年生で引っ越しましたが、今と同じ小学校に通い続けられるかどうかが重要。
あまり親に聞かれなかったですし、希望も特にありませんでした。
子どもが小さいうちは、家が与える影響もそれなりにあると思いますが、大きくなれば少なくなってくるのでしょう。
話が色々脱線しましたが、実家に似た細長い家になりますが、非常に楽しみです。

地震に備えて


細長い家で考えさせられるのが地震対策。

皆さんご存知の通り、真四角の家が一番強いと言われています。
長方形の我が家であっても、耐震等級3を強く要望
それ以外に素人の私でも考え得る事は、可能な限りやろうと思い、軽い屋根材”メトロローマン”を採用しました。
1枚あたり2.9kgですので、凄く軽いです。その場で妻も軽く持ち上げました。
初回の打ち合わせでは標準です!とのことでしたので、軽くて、耐久性(30年の品質保証)があって、見た目も可愛いのだから問答無用でこちらをお願いしましたが、次の打ち合わせでは、実はオプションで差額が発生しますとの回答。
金額にして300千円になります。
今更削れない項目ですよねー。最初にオプションと言われても採用してたと思います。
耐震とは少し狙いが違いますが、1階の収納スペースは多くできたと思います。
シューズインクローク、パントリー、階段下収納で結構満足です。
基本的な事ですが、極力2階に重いものは置かないの精神で行きたいと思います。

耐震等級のおまけ話


耐震等級に対する業者の考え方は、はっきり分かれてると感じました。
最初に見ていた物件。

業者は耐震等級3が標準仕様であることを謳い文句にしていましたが、家探し初期の人間からすればあまり意識していません

(私だけかもしれませんが…)

一方、注文住宅として、設計士と打ち合わせをしていても強度だ耐震だなんて話は特に出てきませんでした
早めに伝えよう、聞いてみようと思い、「耐震等級はいくつになるのですか?」と質問した所、

このままいけば2くらいはいけるかもしれません。まー1でも阪神淡路大震災クラスに耐えられますしね(^_^)」

私は専門家ではないので、否定も肯定も出来ませんが、法改正以後建つ家は皆1以上で、阪神淡路大震災クラスに耐えられる設計をするのは当然だと思います。
100年に1度だとか色々言われている時代、備えるに越したことはない。
何気ない会話の中での流れで出たコメントが妙に印象に残っています。
てっきり費用対効果とか、予算とか色々考慮して頂いたのかなーと思っていましたが
設計士さんに聞いたら、「壁を厚くするので100千円くらいですかね」とのこと…!?
100千円と言えば大金ですけど、それで等級が上がるなら是非お願いしますと思うのですが、どうなんでしょう?
証明書があれば損害保険は安くなりますし、精神的にも良いので、これ以上は気にせず善しとしましょう。

関連記事

  1. 土地探し

    土地探し② 公務店に土地探しを依頼

    工務店のファインプレー動き始めて半年が経過しましたが、今度こそ学区…

  2. 土地探し

    土地探し① ~注文住宅を目指して~

    注文住宅を視野に土地探し住宅ローンの事前審査が通ったので(いくらシ…

  1. 振り返り

    50記事達成
  2. 注文住宅打ち合わせ

    設計士と打ち合わせ③ 間取り公開
  3. コラム

    注文住宅はコンセプトが大事
  4. その他

    続テレビ問題 ~光回線の選択~
  5. 土地探し

    土地探し② 公務店に土地探しを依頼
PAGE TOP

プライバシーポリシー