家探し

家探し開始② だから私は住宅業者が苦手 金融マンの業者選び

住宅業者が苦手



最初に言っておきますが、実体験に基づく個人的見解です。
すべて本当のことですが、こういう事もあるんだ、こういう考え人もいるんだくらいにお読みください。

タイトルはオブラートにしましたが、ぶっちゃけ嫌いな業界上位です。
よく彼氏が店員に横柄な態度取ってショックを受けたという話がありましたが、まさにこれ。
自分の給料に直結するお客様は神様。その住宅ローンを取り扱う金融機関は、うるさい事をいう厄介な存在にでも思っているんでしょうか(繰り返しになりますが個人的見解です。関係各社の方は気を悪くしないでください)。
金融機関にとっても大事なお客様を連れて来たんだから自分達の方が立場が偉いと思っている節もあります(あくまで個人的見解)。
ビジネス上のパートナーであるのが一般的な表現でしょうし、お互い尊敬しうあべきです。
一部しかいない残念な人によく合うので、悲しい気持ちになりましたが、大部分の担当者は良い方ですし、向こうにだって言い分はあるはずです。
ただ中小の不動産屋でも、歩合で確定申告をするくらい(年収2,000万円以上)稼げる業界なので、そういう風に感じる事もありました。
とにかく社員さんの癖が強いんですよね。
ここまでは、ビジネスの実体験で、今度は自分がお客様なんだからいっぱいもてなされるじゃないかな…って思っていた時代もありました。
住宅情報サイトだけでは限界がありますし、土地に対する明確な希望もありましたので、初めて見学した住宅業者の自社ホームページに登録し、情報サイトに上がる前の情報があればくださいとお願いして待っていました。
定期的に情報貰っていましたが、2ヶ月後に衝撃のメールが来ました。
「転職して職場が変わりましたが引き続き物件紹介するのでよろしくね\(^^)/」
勿論こんなに砕けてないですけど、コンプライアンス!と叫んで二度とメールは返しませんでした。
地元で転々と転職するのが当たり前にあり、住宅業者同士で従業員を引き抜いた、持ってかれたもまた平然とありますので、担当者を決め手に住宅を買うのはおすすめしません。
数年後にその営業マンは退職しましたなんて普通ですので。
前向きな部分では、のれん分けのように独立するパターン。これは寂しいですが、祝福しましょう。

元銀行マンはこう選んだ



首都圏にお住まいの方は、業者選びに悩むと思います。
その結果、対応してくれた人が良かったから…なんていう危険な選び方しているかもしれません。
住宅業者は、パソコンとネットさえあれば、どこでも仕事出来ます。
中には不都合な出来事があると、会社を一度畳んで、新しい会社でリスタートなんて事もまかり通ります。
登録免許の番号や大手フランチャイズかどうかはあまり関係ないです。あくまで参考程度。
私は仕事柄業界情報に精通しておりましたので、資本力があるのか、信用調査機関にネガティブ情報ないか等を参考に検討しました。
通常はそういう訳にいきませんので、あくまで一つの判断材料として、銀行に提携ローンがあるかというのは参考にしてもいいかもしれません。
それなりの企業でないと提携ローンは取り扱いませんし、提携ローンが使えれば審査はスムーズだったり、金利が低かったりと良いことが多いです。
この時くらいから、注文住宅を視野に土地探しでしたので、最後は割り切って付き合っていました。
先に建設の業者を地元の中小企業決めたのですが、決め手は妻が気に入ったデザイン(設備)だったから
そんなもんですよねー実際は。
この業者でも気になった事はありますが、注文住宅の回で述べます。
良くも悪くも相見積もりにしていませんので、吉と出るか凶と出るか。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 家探し

    家探しの前に…

    住宅購入のきっかけ私が住宅購入を考えたきっかけは、「余裕・…

  2. 家探し

    家探し開始① 初資料請求&初見学の話

    初資料請求我が家…というか私はゆるーく家探しを始めました。…

  1. 建設中

    着工45日目 ~サッシ・防水~
  2. コラム

    リビングに和室は必要?
  3. その他

    雑記 ~徒然なるままに~
  4. その他

    外構について①
  5. 建設中

    着工79日目 ~フローリング~
PAGE TOP

プライバシーポリシー