コラム

上棟 〜上棟式・祝儀・手土産〜

はじめに



家を建てるにあたって、どの工程も重要ですが、特に節目となるのがこの上棟です。
業者との契約で分割払いとなっている場合、このタイミングで中間金を支払います
昔ながらの地域であれば、地鎮祭同様に畏まった式を行い、地域の住民を招いた催しも行うでしょう。
なにもやらないという選択をするにあたっても、一般知識、マナーを踏まえた上で決断すべきです
私が行った事例及び判断材料について、ご参考になれば幸いです。

上棟とは



簡単に言ってしまうと、木造建築で、梁や柱を組み立てて、屋根まで仕上げる事
厳密に言うと、最上部に棟木を上げる事ですね。
原則、多くの大工(この時だけの助っ人)が集まり、一気に家の骨組みを仕上げます

クレーンを使って組み立てる方法や、人海戦術で組み立てる方法があります。
いずれも1日でパッと仕上げるのが特徴。

上棟時の注意点



頻繁に現場を見学している方からすれば、多くの工程の一つとして、同じように見ているかもしれません。
しかし、マナーや風習といったややこしい習わしみたいなものもあります。
上棟式は行わない、作業を見に行けないという人以外は、一度ご確認下さい

・上棟式はおこなうのか
・祝儀や手土産はどうするか

一般的には、8時くらいから作業を開始。
その後、10時 12時 15時に休憩を挟みます。
(15時の休憩前に終わる場合有り)
上棟式を行う場合、前もって相談しておく必要があります
上棟式を行わない場合でも、休憩のタイミングでお茶だしをするのか仕出し弁当等の昼食を用意するのか、段取りを決めておきます。
最後に、祝儀は渡すのか手土産は用意するのか
工務店側としては、控えめに遠慮しているケースと固辞しているケースとありますので、不安であればしっかり何回も聞いてください。

上棟式



基本構造が完成した後に行うもの。
地域によって違いますが、職人さんをもてなす祝いの場という要素が強いです。
四隅に米や酒を撒いたり、二階から餅やお金を投げたりと様々です。
いずれにしても、上棟式はやらなくても大丈夫。
業者曰く首都圏でまともに開く方は半分もいないとのこと。
やるやらない以前に、共働き世帯も増えており、行けない人多いかもしれません。

祝儀・手土産


それでは、式は行わないけど、見には行きたいというケース。
一番悩むかもしれません。
ベターな選択は業者と相談です。
本当に何もいらないケースから、しっかりやってもらいたいケースまで様々。
ただし、相手も答えにくい質問であることを考慮して、相談してください
何故なら当日参加する棟梁や現場監督は、必ずしも外部ではなく、身内であることが珍しくありません。
実質身内である人間に、祝儀は払うと良いですよなん言いづらいですよね。
全くの別会社であれば、もう少し公平に判断出来ると思いますが、そうでないことが分かっていれば、過去のお客さんが何割くらい支払っている等聞くと参考になるかもしれません。
感覚的には、3~5割かなと気がしますが、相手もプロですので、仕事結果は変わりません。
予算と相談し、当日の状況を見て決めると、すんなり決意が固まるかもしれません。
それくらい気持ち良い仕事してくれるはずです。

もう少しハードルを下げて、手土産を用意してみてはいかがでしょうか
上棟式はやらなくても、感謝の気持ちとして、最後に渡すとスッキリすると思います。
その前に休憩時に飲み物とお菓子の差し入れをしておくと、最後までの流れがスムーズで良いと思います。

参考までに我が家は、10時の休憩に総額5,000円くらいの差し入れをしました(大工9名、工務店2名、交通整理2名)。
手土産は、ビールとつまみとお菓子で1,000円くらいのセットを人数分用意。
前日まで渡すつもりがなかったのですが、当日の仕事ぶりを見て棟梁と現場監督に1万円ずつ渡しました。
(最後まで作業してくれるのはこの二人なのでそうしました)
一般的に地鎮祭で棟梁に渡すことがあると聞いており、その時はいらっしゃらなかったので、このタイミングで渡す判断をしました。

現場監督は完全工務店の社員ですが、躊躇なく受け取って頂き、後程上司からお礼の電話が来ました。

気持ちの世界ですけど、いずれもやって良かったと思っています。

まとめ


上棟式は地域性を踏まえて、最後は自分たちがやりたいかどうか
やらない選択肢もあるし、行けなくても大丈夫。
祝儀や手土産も基本は自由。

それでも祝儀や手土産を渡した方がいいかなと悩むと思います。
おすすめはしませんが、最後までずっといるとそういう気持ちになるので、途中で切り上げて離れるのが無難かもしれません。

やはり最低限、差し入れはした方がベター。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
”一戸建ブログランキング参加中” 1ポチ頂けると励みになります



関連記事

  1. コラム

    家から駅までの距離別検討ポイント

    はじめに賃貸にしても購入にしても、住む場所、土地探しというのは…

  2. コラム

    年末調整 ~土地資金を先に実行する時、借り換え時等の注意点~

    はじめにもう年末調整の時期ですね。サラリーマンであれば…

  3. コラム

    気になる隣家の住人

    どうもほっちです。とうとう隣の空地の購入者が決…

  4. コラム

    収納はどこまで必要?

    ポイントは前述の通りで、平たく言うと使い勝手が…

  5. コラム

    ドアの選び方

    はじめに注文住宅の楽しみの一つであるドア選び。何もしな…

  6. コラム

    窓から見る部屋作り

    はじめに窓って、あんなに種類や形があるのに、思ったより時間…

  1. 住宅ローン

    がんばれバンカー ~住宅展示場・ギャラリー編~
  2. コラム

    書斎は必要?
  3. 建設中

    着工26日目 ~土台敷き完了~
  4. 家探し

    家探し開始① 初資料請求&初見学の話
  5. コラム

    注文住宅はコンセプトが大事
PAGE TOP

プライバシーポリシー