コラム

リビングに和室は必要?

はじめに

家の間取りには定番があります。
その一つにリビングに隣接した部屋です。
ノープランであれば間取りに最初から入れてくるか、もしくはどうするか聞いてくるポイントになります。
そして、その部屋の定番が和室(Japanese room)

建て売り等で和室が入っていなかったケースは、大概スペースがないかデザイン上の理由と思われるもの。

それでは、注文住宅の場合、リビング隣接の部屋は必要か
しかも和室である必要はあるのか
整理します。

ここでは、リビング内和室とリビング隣の和室両方について触れます。



和室の使い道

和室ということは、床が畳ということであり、生活のベースは地面が原則ということになります。
日本家屋には昔から付き物ですので、慣れ親しんで、自分が建てる時和室が欲しいという方も多いのではないでしょうか。
今日の日本では、客人の寝室、老後に備えた寝室等々。
用途は様々ですので、メリット・デメリットに分けて見てみたい思います。

メリット

【あらゆる事に備えておくことが可能】
○客人の寝室
急に客人が泊まることになった等の際、客間がない時は和室で代用。
その他、出産時に両親が待機してくれる時、スポットで必要な時にあると便利。

○子育て
オムツを変えるにもハイハイさせるにも、フローリングよりは畳でという方も多いと思います。

○その他
リビング内の場合で、仕切りがあれば、急な来客時にも物を隠す事が可能。
洗濯物を畳んだりする家事スペースやちょっとした休憩時に横になることも出来ます。

デメリット

【予算とスペースの確保】

・スペースの確保
和室やリビング内に限らず、常時且つ半永久的に使う訳ではないので、スペース確保がネックになります。
将来リフォームするにして高く付きます。

・室内飼いのペット制限
フローリングにしても同じとは言え、動物の爪で畳を悪くしないようにする為には、色々我慢しなければいけません。

ライフステージ毎に検討


もう少し具体的にシミュレーション。
●20・30代
子どもがいなければ、恐らく余っている部屋はあるでしょう。
客人の寝室はなんとでもなります。
また、家事だ休憩と言った所で、共働き世帯であればあまり該当しない気がします。
子育て世帯であれば、何かと便利かもしれません。
ただし、あれば便利で無くても困りはしないレベル。

●40・50代
子どもがいる場合、多少手もかからなくなってきており、子ども部屋も与えているかもしれません。
そんな中、客人や親が泊まるとなった場合、客間(ゲストルーム)がないのであれば、和室があると助かります。
また、自分自身や家族が病気やケガをする事があるかもしれません。
一時的でも2階に上がるのが困難な時、非常助かります。

●60代以上
子どもが独立したら、空き部屋が出てきます。
もしかしたら、親の介護で同居するかもしません。
でも、介護が理由であれば、1階に部屋を確保しなければいけません。
自分自身が階段が使いづらくなるときも来るかもしれません。

●まとめ
・平屋で部屋多めが一番理想。
・客人や親が泊まるケースがあるのか、ある場合代用出来る部屋はあるのか。
・日本人の心を和室で表したいのか、こだわらないのか(神棚は和室でなくても工夫出来ます)



おわりに

和室の是非は世帯によって変わりますが、絶対無ければならない困るものではないと思います。
最初から最後まで必要なことが見込まれるのであれば、リビング併設でなく、別途用意してでも価値があるはずです。
自分家にとって、将来に渡って必要になるか十分検討することをオススメします。

”一戸建ブログランキング参加中” 1ポチ頂けると励みになります
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ


 

関連記事

  1. コラム

    年末調整 ~土地資金を先に実行する時、借り換え時等の注意点~

    はじめにもう年末調整の時期ですね。サラリーマンであれば…

  2. コラム

    ドアの選び方

    はじめに注文住宅の楽しみの一つであるドア選び。何もしな…

  3. コラム

    ハウスメーカー or 地元工務店(どこに相談すればいい?)

    はじめに注文住宅にするという所までは、自分…

  4. コラム

    注文住宅と防犯

    建設中の今なお防犯対策が不十分だと思っているほっちです。選択し…

  5. コラム

    家から駅までの距離別検討ポイント

    はじめに賃貸にしても購入にしても、住む場所、土地探しというのは…

  6. コラム

    気になる隣家の住人

    どうもほっちです。とうとう隣の空地の購入者が決…

  1. その他

    地鎮祭
  2. 家探し

    家探し開始① 初資料請求&初見学の話
  3. 建設中

    建設中のおうち探検
  4. その他

    費用をかけずに外構工事 ~極力失敗しない外構を目指して~
  5. インテリア

    クロスとクッションフロアの選択(金額付)②キッチンと洗面脱衣所
PAGE TOP

プライバシーポリシー