家探し

家探しの前に…

住宅購入のきっかけ

私が住宅購入を考えたきっかけは、「余裕・勢い・運」が揃ったからと言えます。

家を買いたいと思うタイミングは人それぞれですね。
私の場合、3回くらいはタイミングを逃してきたと思います。
まず結婚のタイミングでしたが、もう少しで昇進するかどうかでしたし、その頃異動した先が本部で慣れない事もあり、家なんて考えてもいませんでした。
次に一人目の子どもが産まれたタイミング。
昇進は順調にしていたものの、やはり慣れない子育てに余裕もなく、なんだかんだ預金もなかったので後回し。
そして3回目は手狭の賃貸から引っ越しを決めた時。
2階建ての2階で、子どもはまだ歩いたりはしていませんが、下の階は一人用の部屋で子ども有り世帯がいないアパートでした。周りへの配慮をし続けるのも限界がありましたし、子どもを抱えたままでベビーカー等を持って登り下りも負担でしたので、引っ越しを決意。
しかし、この時点でも家を買うという選択肢はありませんでした。
何故ならこの時の私には、余裕・勢い・運のいずれもありませんでした。

今の私には…
余裕の要素… 昇進による収入upで経済的余裕、仕事が軌道に乗る事による心の余裕、住宅ローンの事前審査が通る ←結構大事

勢いの要素… 小学校入学までに希望学区にいれたい、私の師匠が背中を強烈後押し、子どもの教育面も考えて(小さいうちは出来ればのびのび育てたいし、家に一緒にいれる期間はごく僅か)

運の要素… 師匠が近隣に居住しており、的確なアドバイスが得られる、いい意味で想定外の土地の提案を受けた(良い業者、担当者に巡りあった)
動くとなれば早いです。

家に求めるもの

私が最優先にしたのは土地選びです。
建物と違って原則価値は大きくは下がらないですし、その地域に住んでいる人達との付き合いになりますので、変な妥協は出来ません。
仕事柄地縁による人脈やその後の人生設計に与える影響を見聞きしてきしたが、ないよりはあったほうが良いと言えます。
先人の知恵や経験は一部の繋がりの中で代々受け継がれてきています。
私には縁がなかったですし、子どもに押し付ける気もないですし、関係ないと言えばそれまでですが。
曖昧な表現ばかりでしたけど、最後はフィーリングです。
私達が選んだ地域には、非常に良い神社があるんです。
氏神様に導かれたかもしれません。
子ども達も良縁に恵まれますように。

ここまで土地にこだわってた為か、建物には興味があまりなかったです。最初は…。

建て売りor注文住宅

上記の通り、その地に住めれば、建物は最低限あれば良いと私は考えていました。
土地代が結構かかるのも承知してましたので、必然的に建物は下げざるを得ないと。
その地にある建て売り物件を探す事になるのですが、地価の高いエリアでやすやすと建て売りのプロジェクト物件なんて有るわけないんですよね。
また、注文住宅を難しく考える必要がない事が分かりましたので、土地と建て売りを両方の軸から探すことにしました。

基本的に建て売りは、万人受けするよう設計しているので、大きく外す事はないですし、完成物件を見て判断出来るのが最大のメリットではないでしょうか。
一方、注文住宅ですと、中途半端な知識や設計士とのミスマッチ等で失敗するリスクがあります。
我が家はタイトル通り、最終的には注文住宅を選択することになるのですが、住みたい土地を優先した結果になります。
途中で方向性が変わるなんて、家探し最中ならいくらでもあります。
あらゆる選択肢に備える為、何より後悔しない為にいっぱい勉強して知識を吸収する事を強くオススメします(私が言わなくても皆様既に取り組まれていらっしゃるかと思いますが^^;)。

そういった方の参考になるブログになれば幸いです。

関連記事

  1. 家探し

    家探し開始② だから私は住宅業者が苦手 金融マンの業者選び

    住宅業者が苦手最初に言っておきますが、実体験に基づく個人的見解です…

  2. 家探し

    家探し開始① 初資料請求&初見学の話

    初資料請求我が家…というか私はゆるーく家探しを始めました。…

  1. 注文住宅打ち合わせ

    設計士と打ち合わせ④ 間取り公開2
  2. コラム

    建物価格より土地価格の方が大きい
  3. 家探し

    家探しの前に…
  4. 住宅ローン

    がんばれバンカー ~ 不動産屋業者からFAX ~
  5. その他

    web内覧編予告
PAGE TOP

プライバシーポリシー